出雲屋桐たんす 出雲屋桐たんす

桐たんすはなぜいいのSTRENGTH

「桐」は、家具に使われる材料の中で、ゆがみや変形等の少ない材質で、長期間にわたり形状を崩しません。
出雲屋の桐たんすは本物の総桐たんす。 経年による劣化もリメイク(洗い、再生)を行うことで末長くお使いいただけます。

親から子へ。 代々受け継がれ、愛される逸品の数々を出雲屋から。

  • 末永く使用できる

    桐材は家具に使われる材料の中で、ゆがみや変形等の少ない材質であるため、狂いが少なく長期間に亘り形状を崩しません。
    また、伝統的な製作方法で造られた本物の桐たんすは、経年により劣化しても、リメイク(洗い)を行うことで美しく再生します。
    出雲屋の桐たんすを末長くご愛用いただくことは、私どものこの上ない喜びです。

    桐たんすのリメイク

  • 防虫性が高い

    桐材にはタンニンが含まれているため害虫を寄せ付けにくい特長があります。
    基本的に本物の総桐たんすであれば、防虫剤の類は必要ありません。どうしても不安な方は無臭性の物をお奨めします。強力な物は、箪笥や衣類にも臭いが付着し気分が悪くなる事がありますのでご注意ください。

  • 防湿性が高い

    桐は、透湿性が高く、通気性も優れているため、納物を湿気によるカビや虫喰いから保護する事ができます。また、日本特有の高温多湿の気候風土には最も適しています。
    一例として、雨が終日降ったりすると敏感に反応し、引き出しの開閉がよりきつくなり、湿気をそれ以上たんす内部に入れないようになります。
    天気が回復すると湿気が蒸発することによって元のようにスムースに開閉できるようになります。これは桐材の特性と優れた職人の腕(加工技術)によって成り立つものです。

  • 防火性が高い

    桐たんすは、火に強く、かつ水にも強い為、火災の場合でも安全といわれています。
    桐材自体は、比較的燃えやすいのですが、たんすのように箱の状態になると気密性が高まり、外側が燃えても中まで火が入らず収納物が助かったという話は、新聞等でも時々記事になることがあります。
    但し、質の高い総桐たんすに限られています。

  • 気密性が高い

    桐たんすは、常にたんす全体が呼吸しているので、内部は一定の湿度に保たれています。湿った外気には桐たんす自体が膨張して外からの湿気を防ぎ、反対に空気が乾燥すると湿気を発散し収縮します。
    湿度に敏感に反応するため気密性に優れ、たんす内部の湿度を一定に保ちます。そのため、衣類を長期間に渡り保護することができます。

  • 軽量である

    桐材の特徴の一つに軽量さがあります。
    名古屋桐たんすの基本的な形である三つ重ねの型は、配置換えや引越しの移動等に、また狭い間取りにおいても、軽量で扱いやすく大変利便性に優れています。

経済産業大臣指定伝統的工芸品 伝統誇る手作りの証

この証紙は経済産業大臣が指定した伝統工芸品につけられる証紙で『伝統証紙』といいます。出雲屋の桐たんすにはすべて『伝統証紙付き』伝統工芸品の認定を受けています。

名古屋桐たんすとはABOUT NAGOYA KIRI-TANSU

約420年前、名古屋城の築城に携わった職人たちが城下町に定着し、箪笥や長持を製造したのが始まりといわれています。材料となる飛騨桐(岐阜県)の産地に近く、良材が容易に入手できたことも、その発展を大きく促しました。

他産地のものと比べて幅が広く、くぎはヒバ製あるいはこれと同等の材質のものを用いるところに特徴があります。湿気を防ぎ、熱を通さない、狂いが少ない高級品として有名です。

大まかに造材、木取り、狂い直し、加工、加飾、金具付け等に分けられ、130余の工程を一人の職人で作ります。桐無垢板(きりむくいた)を使用し、各部材の接合は伝統的な組み接ぎ法を用い、仕上げにかるかやの根を束ねたうずくりを用いて磨き、やしゃぶし液に砥粉(とのこ)を混ぜた液で着色した後、ろうで磨きます。

あいちの伝統工芸品ページ

名古屋桐たんすの起源

名古屋桐たんすの起源

名古屋桐たんすの起源

17世紀中期ごろに発生し17世紀末ごろに一般に広がり始めました。
箪笥以前の収納家具といえば、櫃(ひつ)、長持(ながもち)、つづら、行李(こうり)など、いわば箱でした。箱の場合、中にしまってある物を出し入れをするのに、いちいちフタを取ってひっくり返さなければなりません。
それに比べると、抽斗は出し入れに機能的で、整理、分類に合理的であり場所もとりません。

便利で手間のかからない収納家具

では、なぜそんなに便利な抽斗が17世紀中ごろまでなかったのでしょうか? それまでの日本人が抽斗を知らなかったわけではありません。現に正倉院には、小形ではありますが、すでに奈良時代の抽斗が残っています。
どうして一般に箪笥が造られなかったのでしょうか?それは、入れる物、余剰物がなかったからです。まさに着たきり雀だったのです。
では貴族は?貴族階級は、古くからたくさんの物を持っていましたが、家も広くて倉もあり、置き場所はいくらでもありました。また、出し入れには召使いが大勢いたので、簡便な収納家具などは必要ありませんでした。

そもそも箪笥の語源は、中国の食料を入れる円形の竹籠に由来します。
平安時代は、身のまわりの調度品を入れる前面に扉のある二階厨子(ずし)や書巻をおく書歌棚、鎌倉時代以降は台所用の黒棚、桃山時代には茶道の発達にともない茶道具をおく茶棚などを経て、江戸時代に衣装箪笥となりました。 17世紀になって綿織物、絹織物の生産が急増し、これに伴って高級呉服の大衆化が進んでいきました。

民衆の衣服の増加に伴って、狭い場所で出し入れに便利で、手間のかからない収納家具、まさに箪笥は、当時としては画期的なものであったでしょうし、それは、民衆の要求によって生まれたといえます。
そして、わが国民衆の生活史において、その向上の過程において育っていった物といえます。

名古屋桐たんすの歴史HISTORY

名古屋城

名古屋城

名古屋城築城と職人

名古屋桐たんすは約4百年前、尾張名古屋城の築城に従事した職人たちが城下町に定着し、中区袋町(現在の錦通付近)および大須裏門前町あたりで、「箪笥」「長持」などを製造していたのが始まりです。
戦国期の終わろうとする16世紀中期を過ぎると、全国において城郭建築や城下町建設といった一大建築ブームが起きました。

徳川幕府によって全国統一が行われ、民衆の生活も定着してきた慶長15年(1610年)木曽川の洪水にたびたび侵されたことのある清須に代わって、名古屋に築城し、新しい町づくりが始められました。
慶長19年(1614年)に完成した名古屋城には、10万石の木材が使われたといわれています。それに伴って、大工、左官、鍛冶屋などの職人の技術も急速に向上したと考えられます。

腕利き職人たちの『清須越し』

名古屋城築城後、尾張藩の本拠をここに定め、それまでの城下町清須の町人たちは、神社、仏閣とも名古屋に移転させられました。
名古屋の町奉行が、市内の旧家に対して由緒を報告させた「寛延旧家集」(寛延3年、1750年)によれば、総数115家のうち、慶長年間に61家が名古屋に移住しています。

その中に、指物師大江市郎兵衛(慶長16年、1611年に移住)をはじめ、木挽商藤屋勘左衛門、木挽師斉藤善兵衛材木商高麗屋源蔵、塗師伝右衛門、鍛冶職信高三之丞、鋳物師水野太郎左衛門などが慶長年間に移住しています。
この調査時期が、寛延3年といいますから、清須越えから140年後の調査であり、しかも、それぞれ由緒ある旧家というのであって前記の人たちの3~4代後ということになります。

これらの職人は、大名のお抱え、または、藩用を勤めるなどの理由で、藩から何らかの援助を受け、主な商工業は製造販売の独占を許し、これに鑑札を交付し運上金を課し、また同業者間に組合仲間を組織して規律を立て取締監督の便を計ってきました。
天保年間の「尾張分限帳」(1830年)によると、大江市郎兵衛は三人扶持を与えられており、「名府豫録」によると、享和元年(1801年)に指物師仲間の規約のなかの指物師職分目録に箪笥、長持をつくるとあります。
この規約によると、「指物職ノ間ニ在リテハ、他領ノ者ハ弟子ヲ取リテ、ソノ業ヲ伝授スルヲ一切禁ジ、ソノ営業スルモノハ、金一分ヅツヲ組合ニ出サシム」と指物師大江市兵衛は述べています。

アク抜き乾燥法の確立

天明4年(1784年)生まれの岩田銀右衛門(天保8年没、1837年)のもとへ小塚利兵衛長女いと(天明5年、1785年生まれ)が嫁いだときに持参した箪笥が、一宮市の岩田家に保存されています。 この岩田家には、初代から7代目までの箪笥がそれぞれ保存され、名古屋桐箪笥の伝統を物語っています。

岩田家に現存する初代の漆塗総桐箪笥は1800年ごろに造られたものであり、2百年後の現在も使用されているということは、十分にアク抜乾燥をした狂いの少ない桐板材を使用しており、また、現在も受け継がれている技術・技法のすばらしさを証明するものです。

桐材が狂いが少ないといっても、非常にアクが強く、その乾燥方法がアク抜きと称して、天日、雨水に十分にさらして、アクを抜きながら乾燥したものでなければ、後になって黒く変色します。
したがって、前記の2百年前の箪笥が変色もなく、狂いも少ないということは、その時代にすでにアク抜乾燥の技法が確立されていたと推測されます。

先人たちが育んだ技術力

桐材は、立ち枯れなどで、百年以上の年数を経た太い原木が少ないために、幅の広い板が少なく、したがって、幅の狭い板を横につないで、幅の広い板を作るための板はぎ技術も正確でなければなりません(十分に接着していないと、後で継ぎ目が割れてしまいます)。

また、仕口と称して、板と板を直角に組む場合のいわゆる継ぎ手、組み手の技法は、のこぎり及びノミを使用します。 ほぞを作った後、金づちまたは木づちでたたいて木殺しをし組み立てます。

その後、水引き(刷毛で水を塗る)を行うことにより、木殺しをしてへこんだ部分が膨張して、組み手が取れにくくなるなど、名古屋城築城後、箪笥職人の祖先が尾張の人々の生活に密着し、半世紀にわたり、その技術・技法をはぐくんできたことを思う時、それら先人たちのひたむきな努力と深遠な思慮に感嘆してしまいます。

豪華な装飾を施した名古屋桐たんす

名古屋箪笥は、1800年ごろは引き出しに桐を使い、また、鈴木宇一郎氏所有の箪笥は、天保12年(1841年)萬屋卯兵衛(呉服商)の次男が鈴木家に養子に来た時の箪笥で総桐です。

また、小牧歴史館の民族資料室にある舟橋家の箪笥(慶応3年、1867年ごろ)は漆塗桐箪笥です。林家現存の漆塗桐箪笥は、現当主林茂氏の曽祖母せきが、明治2年(1869年)林家に嫁いできた時に持参したのです。この様に寛政年間から明治初期(1789年~1880年)にかけて名古屋桐箪笥の代表的な型が特長づけられました。

寸法は、高さ3尺4寸(103cm)、幅3尺8寸(115cm)、奥行1尺3寸5分(40cm)で他の地方より6寸~8寸(20cm前後)位幅が大きく、右下の部分に小引き出し(貴重品入れ)が付いていて、古い箪笥(明治以前)には、その前に扉を付けていました。

金具は関東方面では着色が黒色または赤銅色で地味なものであるのに対し、名古屋地方では金または銀(真鍮地のメッキ)を施し、上置袋戸部分には金箔画または漆塗蒔絵を付けて、豪華な装飾を施したものが多いのが特長です。

桐たんすの種類TYPE

名古屋城

名古屋城

婚礼家具の主流であった桐たんす

今でいう洋風家具の代名詞である婚礼セットが定着していない時代、桐たんすは日本の気候風土に最も合う家具として婚礼家具の主流となり数多く生産され普及していきました。
当時、桐たんすは、外見は同じような形であっても仕様によって大きく4段階に分けられており職人にもそれぞれの型を作る専門職がおりました。それは当然、仕様によって品質・価格にも反映されています。おおまかに以下のように大別されますが、物の不足している時代には、桐たんすを持ってお嫁にいけるだけでも幸せという認識も当時はあったようです。

現在では、前桐から四方桐たんすは製作されておらず、本物である手造りの総桐たんすのみが製作されておりますが、それとは別に類似品として、素人では外観は本物と見分けのつき難い量産型の機械加工の桐たんすと、通販製品のような廉価品が数多く流通していますので本物の総桐たんすの購入をご検討の方は十二分にお気を付け下さい。

前桐たんす

たんすの前板の部分(正面)だけに、桐材が使用してあり他の部分は杉や樅などの材料を使用している普及品と言えるでしょう。
生活の知恵でとも言いますか、少しでも湿気を防ぐ為に、引出しに新聞紙を敷いてお使いになられていた方が多いようです。また、色々な想いがある「洗い・再生」のご用命を承ることの多いたんすです。

三方桐たんす

たんすの前板と両側面に桐材が使用され、他は杉や樅などの材料を使用。このランクの製品が、再生依頼の数から推察しても一番多く流通していたと思われます。今でいえば、おそらく一般的なご家庭の両親が大切な娘のために親の想いを込めて、嫁ぎ先においても娘を大切にしてもらうように持たせた品とも推察されます。

四方桐たんす

三方桐たんすの裏板も桐材を用いた製品。他は杉や樅などの材料を使用。 このランクの製品は、余りお目にかかることは少ないです。 職人の腕も違うためか全体的な造りも比較的しっかりしており、長年使い込んでいても桐たんすらしい質感が残されています。勿論、使い方にもよりますが、当時としては、地主とか勤め人とか商家の出の富裕層に多くみられるようです。

総桐たんす

桐たんすの最高峰。読んで字の如く総てが桐材を使って製作した逸品。湿気等にも敏感に反応し、大切な衣類をカビや虫食いから保護しうる最も質の高い桐たんすです。

当時でも総桐を作る職人は数が少なかったといわれています。資産家の令嬢の婚礼道具としての用途と推察され、今でもたんす自体の狂いも少なく立派に使われています。 元々、数も多くはなく、リメイク(洗い・再生)に出会うことは、稀なレベルの品です。大切にお使い頂ければ、桐たんすの特長を最大限に活かした良い状態で長く使えるということの証ですね。

本物の桐たんすとはQUALITY

桐たんす工具

桐たんす工具

桐たんすの概念

材質はすべて桐材を使用し、伝統的な製作方法で職人の手造りにより製作されているものだけが本物の桐たんす(総桐たんす)と言えると、出雲屋は考えます。
残念ながら現在では、桐たんすの間違った概念を与えてしまいかねないような品が、総桐たんすとして販売されているケースもあるようです。 ご購入の際には充分にご注意下さい。

類似品にご注意ください

類似品には下記があります。

① 機械化による加工技術の進歩によって製作された量産加工品。
一般の方には、先ず見分けはつかない類似品です。その多くは、桐たんす本体の芯材に合板(べニア)を使い、その上に薄い桐材を貼った名が多いのですが、又、近年では桐の無垢板を使用してはあるものの継ぎ目がタボ構造の量産形式による製品もあり、桐たんす本来の特長を損なうと同時に、先々における狂いやゆがみ等の注意が必要です。むしろ、後者の品の方が、後々メンテナンス時に再生するのが難しい場合もあります。

② 通信販売等で盛んに本物のように宣伝されている製品。
材料・造りなど本物と比較すれば明らかに品質が異なるもののカタログ等の写真だけでは一般の方には判別しにくい品。これは桐箪笥の気密性による様々な特長を、殆ど有していないので全くお奨めしません。

①と②の類似品は、先人の職人が築き上げた桐たんすの良さを間違った概念にて現代の消費者に認識させるものであり、量産技術がなかった当時では考えられなかった品が数多くで出廻っているのが現状です。
その一方で、伝統技法に基づいた製品が職人の高齢化や販売力の無力さから衰退の一途を辿っており、やがて50年程前には当り前のようにあった本物の総桐たんすが消えて行くのは大変残念な限りです。
時代と共に桐と云う言葉だけが独り歩きしてしまい、桐であれば何でもOKと云う乱暴で安易な考えが広まることにより本来の桐たんすの概念がないがしろにされていることに危機感を覚えます。
その点に留意し、桐たんすは決して安くはない品であり一生ものですので、見た目、価格だけでは判断せずに間違いのない品をお選び頂きたいと存じます。

現在では、手造りの本物の総桐たんすを購入したつもりでも、量産メーカーが機械加工で製作した類似品であることが本当に多いのが実態です。
弊社のように、手造りにこだわってきた桐たんす屋から見ると、総桐たんすの本質を損なう類似品は、お客様にとっても大切な衣類が湿気によるカビや虫喰いによって被害にあってしまった等の高い代償になりかねないと考えております。
その被害の多くは、機械化された量産品の桐タンスに因るものであり、例えば通販を主とする製品(これは、一般の方でも判別できますが)や外見は殆んど本物と区別がつかず、たんす本体が合板でできており、その上に桐の薄い板を貼った製品であり、 総桐たんす本来の特長や将来の洗い(修理・再生)に対応できない品が、本物の総桐たんすと称して混在し数多く流通しているので購入の際には注意が必要です。
少し乱暴な表現になりますが、このような桐たんすの類似品を購入をするのなら、品質の良い通常の一般的な整理たんすも検討されることもありかと思います。

機械加工による量産品の桐たんす

本物の総桐たんすの見分け方

祖父母から大切な品は桐の箱や箪笥に保管するように言われたことはありませんか?
世の中に何事も完全と云えることはありませんが、やはり造りの良い桐たんすは、日本の高温多湿の気候風土において大切な品をカビや湿気から守ってくれます。本物の総桐たんすを選ぶ際には、下記をご留意されるとよいでしょう。

① 国の伝統的工芸品指定を受けている製品かどうか

② ①の中でも製品自体の品質が高いかどうか(予算・仕様にも因る)

③ 専門的な知識を持っている販売員のいる店や製造元であるかどうか

出雲屋の桐たんすはすべて国の伝統的工芸品指定を受けております。また、当店は本物の職人が作る本物の桐たんすの製造元でございます。専門的な知識を持っている販売員が在籍しています。どうぞご安心してご来店ください。

経済産業大臣指定伝統的工芸品 経済産業大臣指定

経済産業大臣の認定を受ける検査に合格した本物の証として、その製品にのみ貼付けされる伝統証紙で「伝統を誇る手作りの証」です。

〒486-0903
愛知県春日井市前並町前並8-4

電話 (JavaScript)

出雲屋へのアクセス

メールでのお問合せ

メール

3日以内に当店より返信がない場合には
恐れ入りますがお電話にてお問合せ下さい

LINEでのお問合せ

LINE QR

3日以内に当店より返信がない場合には
恐れ入りますがお電話にてお問合せ下さい


出雲屋はカリモク家具株式会社、フランスベッド株式会社、一般家具店等と代理店契約を結んでおります。 お値打ちにカリモク、フランスベッドの製品や一般家具をお届けすることが可能です。 カリモク本社、フランスベッド名古屋ショールームもご紹介させていただきます。 どうぞお気軽にご相談下さい。

カリモク家具 フランスベッド

木