ご依頼の流れ
  • 出雲屋の歩み
  • 伝統的工芸品 名古屋桐箪笥とは
  • 出雲屋を支える職人
  • お客様の声
  • お問い合わせ

ショールームのご案内

ショールームのご案内

「名古屋桐たんす工房 出雲屋」では、総桐たんすや総桐チェストなどをご覧頂ける工房型ショールームを併設しております。
お嫁入りやお家使いで総桐たんすの購入をご検討されている方はお気軽にお問い合わせ下さい。ご希望により工房見学も承ります。
【要 事前予約】

ご来店 受付申込み

製品のご案内

  • 総桐たんす
  • 総桐チェスト
  • 本物の総桐たんすの見分け方
  • お手入れ方法
  • ご購入の流れ
  • 桐たんすQ&A
  • まずは、お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。

    まずは、お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。

     メール、電話にてお気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。

    「修理すべきか否かの判断に困っているので専門家に見てほしい」「古い桐たんすは価値があるの?」「新築や増改築をするので完成に合わせて依頼したいが、お願いできますか」など様々な質問が寄せられます。

     何なりとご相談下さい。

  • 電話もしくはメールにてたんすの状態(傷み具合)を教えて下さい。

    電話もしくはメールにてたんすの状態(傷み具合)を教えて下さい。

     桐たんすの種類、たんす年齢、おおよそのサイズ、取手金具の有無、唐紙の有無等の詳細を、メールのお問い合わせフォーム、又はお電話にてご連絡頂ければ、今までの数多くの経験により、修繕方法と概算費用についてご説明させて頂きます。

     メールの場合、写真を「正面」「側面」「気になる箇所」等をお撮り頂き、一枚ずつ添付してお送り頂ければ、より詳しくご相談ができます。

  • 後日、桐たんすを拝見させて頂きます。

    後日、桐たんすを拝見させて頂きます。

     ご相談の上、お客様のご都合の良い日にお伺い致します。桐たんすを見せて頂き、傷み具合を確認後、洗いについてのアドバイス、作業の手順や方法をご説明致します。その際、お客様のご希望もお聞かせ下さい。

     洗い(修理・再生)のプランが決まれば、その場でお見積り金額を提示致します。又、ご希望により、蘇った桐たんすの新しい油単を桐たんすのサイズに合わせてご用命頂くことも可能です。その場合、仕上がった桐たんすと一緒にお届け致します。ここまでは無料になります。

    ※ この段階で正式に洗い(修理・再生)依頼の有無を判断して頂きます。
    ※ ご連絡のうえ、お持込み頂いても結構です。

  • 桐たんすのお預かり

     ご了解頂ければ、当日に引取り、若しくは、後日お預かり致します。

     数カ月以上の時間を要しますので、預り証を発行致しますのでご安心下さい。

  • 順次作業にとりかかります。

    順次作業にとりかかります。

     お預かりした品の傷み具合や本数、お客様のご希望にも因りますが、作業日数は約2~4ヶ月程です。

     何らかのご事情で、お急ぎの方はご相談下さい。誠に勝手ながら、全てが手仕事ですので、ご依頼数が多い場合は、お引き受け順に取り掛かりますので、それ以上の日数が掛かる場合もございます。ご理解、ご了承下さい。

     漆塗り等は、特に時間を要しますので、ご理解、ご了承下さいませ。

  • 完了致しましたらご連絡致します。

    完了致しましたらご連絡致します。

     仕上りの目途が経った時点で、当方よりお届け日の日時・場所等のご相談連絡をさせて頂きます。

     遠方へのお届け設置の場合は、専門運送業者への手配調整の為、時間が掛かる場合がございます。

  • お客様の希望日に納品です。

    完了致しましたらご連絡致します。

     完成後、ご相談のうえ希望日時に、ご指定の場所へお届け致します。恐れ入りますが、代金は、お届日確定後、お届け日までにお振込み頂くか、又はお届け当日に現金にてお支払い願います。遠方にて配送業者に依るお届けの場合は、全額ご入金確認後の配送手配になります。

     ご新築や増改築など完成時に合わせることも承りますが、工事の遅れ等に因り予定通り納品出来ない場合は、別の場所へのお届けをご検討下さい。若しくは、ご希望により当社でのお預りも可能ですが、その場合、ご相談時点において全額のご入金をお願いしております。お預り期間は、ご相談させて頂きます。

 お蔭さまにてお届けに上がり生まれ変わった桐たんすをご覧頂きますと、多くの方々からお礼のお言葉を頂いております。お迷いの方は、まずはお気軽にご相談下さい。 ご相談頂く事によって、結論はそれから自然に出て参ります。

 私共にとりましても想い出深い一棹の桐たんすが蘇り、またご家族の中で立派にお役に立てることに喜びを感じております。

 ご不明な点がございましたら、何なりとお気軽にご相談下さい。一棹でも多くの桐たんすを後世に残して行くためにも、当社にできる限りのご相談には対応させて頂きたいと存じます。

本物の証しである伝統的工芸品の総桐たんすを造る

  • 総桐たんすの再生・ご相談フォーム
  • お問い合わせフォーム