総桐チェスト
  • 出雲屋の歩み
  • 伝統的工芸品 名古屋桐箪笥とは
  • 出雲屋を支える職人
  • お客様の声
  • お問い合わせ

ショールームのご案内

ショールームのご案内

「名古屋桐たんす工房 出雲屋」では、総桐たんすや総桐チェストなどをご覧頂ける
工房型ショールームを併設しております。
お嫁入りやお家使いで総桐たんすの購入をご検討されている方はお気軽にお問い合わせ下さい。ご希望により工房見学も承ります。【要 事前予約】

ご来店 受付申込み

製品のご案内

  • 総桐たんす
  • 総桐チェスト
  • 本物の総桐たんすの見分け方
  • お手入れ方法
  • ご購入の流れ
  • 桐たんすQ&A
 伝統的な総桐たんすの製作技法を承継し、現代のリビングにもマッチする防汚加工を施した 他にはない オリジナリティの高いチェスト風の総桐たんすを製作しています。 全て伝統的な技法を基に製作された現代的デザインの総桐チェストです。
(基本的な造りは変わりませんが、現在、国の規定により伝統証紙は貼付されません。)
  • 出雲屋が”本物”をお届け致します。

    総桐チェスト

    以下、代表的な品とこだわりの品々をご紹介させて頂きます。
    ※ 掲載品以外にも多数取り揃えておりますので、当社ショールームにてお確かめ頂ければ幸いです。
    ※ ご紹介した品々は一点ものも含まれておりますので、事前にお電話等でご確認願います。
    ※ HP上で公開するにあたり、当社製品をまねた類似品が散見されますのでご注意下さい。

  • 製品ラインナップ

     桐たんすの色合いや金具の色合いにつきましては、撮影時の照明環境により多少濃淡がございます。 予めご了承下さい。
    実際の色に関しましては、恐れ入りますが、当社工房型ショールームにてご確認下さいませ。

総桐 漆革リビングチェスト

左:漆革リビングチェスト2.5R
右:漆革リビングチェスト3.5G
和・洋にマッチする伝統技法の粋を集めた新しいタイプの総桐チェストです。

総桐 漆革リビングチェスト

引き出し表面は、日本の伝統技法である漆革を用い、和の中に洋のテイストを織り込みました。
インテリア雑誌「リビングデザイン」にも掲載され、年一度の東京にて開催される日本伝統工芸展でも好評価を得ております。

【漆革リビングチェスト2.5R】

■本体サイズ/幅750mm × 奥480mm × 高950mm
■主な引き出し内寸/幅630mm × 奥405mm × 高112mm
 最下段/幅630mm × 奥405mm × 高190mm(内寸)

取手・脚部分は堅木無垢板にて手造り製作してあります。
本体は堅牢な框組みにて製作。仕上げは、人に優しい自然塗料仕上げで汚れの心配もありません。
設置場所の陰影により、たんすの表情(濃淡)が変化し楽しめます。帯たんすとしてもお使い頂けます。

【漆革リビングチェスト3.5G】

■本体サイズ/幅1080mm × 奥480mm × 高950mm
■主な引き出し内寸/幅960mm × 奥405mm × 高112mm
  最下段/幅960mm × 奥405mm × 高190mm(内寸)

取手・脚部分は堅木無垢板にて手造り製作してあります。
本体は仕上げは、桐材には大変手間が掛かる摺り漆仕上げで独特の光沢があります。
設置場所の陰影により、たんすの表情(濃淡)が変化し楽しめます。勿論、着物も収納できます。

※ 実物は当社工房型ショールームにてご確認下さい。 ※ たんす内部には、大切な物を盗難などから守る特別な仕掛けが施してあります。

総桐 漆革リビングチェスト
総桐 漆革リビングチェスト

蟻組み

総桐 漆革リビングチェスト

取手

総桐 漆革リビングチェスト

最下段引き出し

本物の証しである伝統的工芸品の総桐たんすを造る

  • 総桐たんすの再生・ご相談フォーム
  • お問い合わせフォーム