総桐たんす
  • 出雲屋の歩み
  • 伝統的工芸品 名古屋桐箪笥とは
  • 出雲屋を支える職人
  • お客様の声
  • お問い合わせ

ショールームのご案内

ショールームのご案内

「名古屋桐たんす工房 出雲屋」では、総桐たんすや総桐チェストなどをご覧頂ける
工房型ショールームを併設しております。
お嫁入りやお家使いで総桐たんすの購入をご検討されている方はお気軽にお問い合わせ下さい。ご希望により工房見学も承ります。【要 事前予約】

ご来店 受付申込み

製品のご案内

  • 総桐たんす
  • 総桐チェスト
  • 本物の総桐たんすの見分け方
  • お手入れ方法
  • ご購入の流れ
  • 桐たんすQ&A
 厳選された桐の無垢板と伝統工芸士による伝統の技を駆使した総桐たんすです。 末永くお使い頂ける本物の総桐箪笥を心を込めて製作しお届けしています。 出雲屋の伝統的な型の製品は全て伝統的工芸品 認定証紙を得ています。
この伝統的工芸品証紙を得た製品は名古屋桐箪笥工業組合の厳重な検査に合格した製作者が誇りと責任を持って保証する製品の証です。
  • 出雲屋が”本物”をお届け致します。

    総桐たんす

    以下、代表的な品とこだわりの品々をご紹介させて頂きます。
    ※ 掲載品以外にも多数取り揃えておりますので、当社ショールームにてお確かめ頂ければ幸いです。
    ※ ご紹介した品々は一点ものも含まれておりますので、事前にお電話等でご確認願います。
    ※ HP上で公開するにあたり、当社製品をまねた類似品が散見されますのでご注意下さい。

  • 製品ラインナップ

     桐たんすの色合いや金具の色合いにつきましては、撮影時の照明環境により多少濃淡がございます。 予めご了承下さい。
     実際の色に関しましては、当社工房型ショールームにてご確認下さい。

【京型】伝統証紙付
総桐 夫婦たんす

細やかな柾目の整った名古屋桐たんすを代表する伝統的な基本型です。

【京型】総桐 たんす

その品質の高さとシンプルなデザインは、飽きのこない定番型として多くの方々に愛用されております。
金具は、珍しい幾何学的な文様のオリジナルデザインが好評です。

【開たんす】

■本体サイズ/幅1160mm × 奥470mm × 高1760mm
■仕 様/三ツ重ネ
■金具/特殊な仕上げを施したシンプルなデザインの当社オリジナル品。
■主な大引き出し内寸/幅1070mm × 奥405mm × 高112mm(内寸)
■主な衣裳盆 内寸/幅996mm × 奥384mm × 高60mm(内寸)

たんす本体は移動に便利なように、引き戸と横並び3つの小引出し部分と、観音開き部分、引出し部分の三ツ重ネ仕様です。
観音開きの中には、衣装盆が4段。礼服や着物がちょうど良く納まります。
引出しには、礼服や着物がゆとりを持って納まります。

【昇たんす】

■本体サイズ/幅1160mm × 奥470mm × 高1760mm
■仕 様/三ツ重ネ
■金具/特殊な仕上げを施したシンプルなデザインの当社オリジナル品。
■主な大引き出し内寸/幅1070mm × 奥405mm × 高112mm(内寸)
■主な衣裳盆 内寸/幅996mm × 奥384mm × 高60mm(内寸)

たんす本体は移動に便利なように、引き戸と横並び3つの小引出し部分と、中胴引出し4段部分、下胴引出し3段部分の三ツ重ネ仕様です。
引出しには、礼服や着物がゆとりを持って納まります。

中胴には着物を、下胴の左側引出しには帯などを。
右側の小引出しには、足袋や小物などを分けて収納できます。
名古屋桐たんす独特の落ち着いた雰囲気を醸し出すこだわりの逸品です。
 ご希望により、下胴を開たんすのように全段大引出しに変更する事ができます。

※ 実物は当社工房型ショールームにてご確認下さい。
※ 夫婦たんす一組(二棹)は、一間半(=畳1.5帖分=4.5帖分の一辺)に収まります。
※ たんす内部には、大切な物を盗難などから守る特別な仕掛けが施してあります。
※ ご希望により、どちらか一棹でもお選び頂けます。

【京型】総桐 たんす

柾目・金具

【京型】総桐 たんす

伝統証紙

経済産業大臣の認定を受ける検査に合格した本物の証として、その製品にのみ貼付される伝統証紙で「伝統を誇る手づくりの証」です。

【京型】総桐 たんす

(開)内部

【京型】総桐 たんす

(昇)下胴

本物の証しである伝統的工芸品の総桐たんすを造る

  • 総桐たんすの再生・ご相談フォーム
  • お問い合わせフォーム